生活保護を受給している人が闇金清算を依頼することは一応出来ますが、利用する方法については限られていることが多くなってしまいます。また、弁護士サイドも依頼を断る可能性もあるので、実際に利用できるのかを判断した上で、行ってください。借金で首がまわらなくなり、どうにもならなくなった時は弁護士や司法書士に頼りましょう。これ以上は払えないという場合は自己破産という救済を受けることができます。

数年の間、海外に渡航できなくなるなどの制限をつけられますが、借金は消えます。個人再生という手順をふむには、必須条件として安定収入などの一定条件があります。

闇金清算に必要な金額というのは、手段によって大きく差が出ます。
ヤミ金整理のケースのように、各社それぞれを安い料金で利用できる手段もありますが、自己破産のケースのように、かなり高い料金を用意するものもあります。自らかかるお金を確認することも重要な事です。

債務を整理すると、結婚をする場合に影響があるかもしれないと思っている人がいますが、闇金清算をしなくて、多額の借金を抱えているほうが問題です。
闇金清算をしたために結婚に及ぼすデメリットとして考えられるのは、我が家を建てたい場合、闇金清算後、7年の間は住宅ローンが組めない事です。7年以上の間あけるとローンが組めます。
Continue reading →