闇金対策の話で、しばしば出て来るのが「ヤミ金から借りたお金は返済しなくてもよい」というもの。

 

これって、どういうこと?

 

そんな疑問がわいてきたので、さっそく弁護士サイトをネットスケープしてみると、よ~くわかりましたよ。

 

「ヤミ金」と一般的な金融機関との違いについてですが、一般的には都道府県の認可をうけずにお金を貸している貸金業者のことを指します。

 

認可を受けるには法律で定められた金利と取り立ての規制を守らなければなりませんが、闇金はそれらを無視して違法な高金利と過酷な取り立てをします。

 

しかし、近頃では法の網を潜ろうと、一見するとお金の貸し借りではなく商品の売買であるかのように装う業者が発生したことで、これらの業者もヤミ金として扱われるようになりました。

 

この違法業者は、過酷な取立て行為をすることが多く、追い詰められた家族が自殺した事件が発生して社会問題になりました。

 

で、本題のヤミ金から借りたお金が返済する義務がある、なしかのことですが、ほとんどの場合、利息および、元金を返済する必要はありません。

 

何故かといえば、法律ではヤミ金などの犯罪業者との契約は貸金業法の規定や公序良俗に反するので、その契約自体が無効となるからです。

 

闇金業者から貸付金として手渡された現金は「不法原因給付」ですから返還の必要はありません。

 

今までに返済したお金を取り戻すことだって、できる場合もあります。

 

ただ、それらのことを利用者が闇金業者相手に言って、ことが上手く収まるかといえば、ちょっと難しいと思います。

 

もし、そうしたいと考えるのなら弁護士や司法書士に相談し、依頼するのが近道です。

 

闇金の嫌がらせ対策